病院案内

院長挨拶

写真:服部記念病院 院長 山下 修平
服部記念病院 院長 山下 修平

このたび7月1日付けで服部記念病院、院長に就任させていただいた山下修平と申し上げます。どうぞよろしくお願いいたします。専門は消化器内科です。

服部記念病院はこの四半世紀、皆様方の御陰をもちまして、前任の餅院長のもと、一般内科、消化器内科、外科、整形外科、精神科、婦人科、麻酔科、リハビリテーション科、眼科、歯科口腔外科の領域で地域の中で信頼できる病院へと成長させていただきました。

医療を取り巻く環境は相当厳しさを増してきています。国民の高年齢化とともに保険医療費は年々増加を続けていますが、国家財政は逼迫してきており、厚生労働省も国の総病院病床数の削減という方針を打ち出しました。

現在、病院に求められているものは数多いと思います。地域の人々の健康を守り、また地域の病院診療所のご信頼をいただかなければならないのは当然ですが、国家財政に対しては保険医療費も適正にしていかなければならない責務も担っています。また病院は一般企業でもありますから、地域の中で末永く愛されていくためには、財務の健全経営も必要です。

このたび私は院長という重責をお引き受けさせていただくにあたって、私の抱負を述べさせていただきます。
それは前任の餅院長が長年に渡って築きあげて来られた、地域の中で信頼される病院という伝統を引き継ぎ、それを確実に守り発展させていただくとともに、服部記念病院ここにありという病院の特色も打ち出していきたいと思います。

病院の特色としては、できる限り受診していただいたその日に診断治療の目安を付けるという迅速で的確な医療を考えています。また受診者、患者の皆様の声に真摯に耳を傾け、皆様のご期待にできるだけ沿う医療も行っていきたいと思います。かかりつけの患者様の救急要請、専門領域では一般患者様の救急要請も、できる限り引き受けていきたいと思います。ひどくありきたりな特色といえるかもしれませんが、実は一番大事な要素ではないかと思っています。

どうかご指導、ご鞭撻をお願いいたします。