各部門のご案内

リハビリテーション科

概要
スタッフ 理学療法士 5名
作業療法士 1名
リハビリ助手 1名
施設基準 運動器リハビリテーションⅠ
呼吸器リハビリテーションⅠ
脳血管疾患等リハビリテーションⅡ
リハビリ時間 月曜日~金曜日および土曜日の午前 (日曜祝祭日、年末年始は休み) 
リハビリ開始までの流れ

内科、外科、整形外科、神経内科等を受診していただき、医師がリハビリテーションを必要と診断した場合、リハビリテーション処方箋が発行され、リハビリテーション開始となります。
2回目以降さらにリハビリテーションが必要な場合は、当日のリハビリテーションが可能かどうか、医師の診察を受けたうえでリハビリテーションを継続します。

対象疾患

運動器リハビリテーションでは骨折、変形性関節症、腰椎症、五十肩等の患者さまが多くおられます。
呼吸器リハビリテーションでは肺炎、閉塞性肺疾患の患者さまが多くおられます。

脳血管疾患等リハビリテーションでは廃用症候群、脳梗塞後遺症、神経疾患等の患者さまが多くおられます。
特に長期臥床による筋力低下、関節可動域制限等を引き起こす廃用症候群の割合が高いです。
リハビリテーション治療方針

病院でのリハビリテーションの目的は、良好な健康や仕事ができるような状態を取り戻すということです。
能力低下やその状態を改善し、その人に応じた環境に適応するために、色々な練習を行います。
様々な疾患があり、また患者さま個人におかれている環境もそれぞれ違います。それらを総合的に判断し、適切な評価の実施を目指します。それをもとにその患者さまに合った効果的なプログラムを立案し実施いたします。少ないスタッフですが、情熱をもって取り組んでいます。

リハビリテーション治療方針

理学療法士による運動療法や牽引、温熱、電気等の機器を用いた物理療法を実施しております。
運動療法では筋力強化、関節拘縮の予防改善、歩行練習、その他さまざまな動作の練習を行います。
物理療法では牽引治療による腰痛などの改善、温熱療法による痛みの軽減、電気治療による痛みや痺れの改善等を目的としてリハビリテーション治療を実施しています。

  • 運動療法室
    運動療法室
  • 運動療法室
    運動療法室
  • 運動療法室
    運動療法室
  • 頸椎腰椎牽引治療器
    頸椎腰椎牽引治療器
  • 運低周波治療器
    運低周波治療器
  • マイクロウェーブ
    マイクロウェーブ